ゴルフで上達するには、取りあえずコースに出まくるほうが近道

結論からいうと、どれだけ打ちっぱなしで打ちまくっても、上達しません、というか遅すぎると思います。

ショートコースでもなんでも、コースに出たほうが100%いいです、お金も上達速度も!!

 

体験談から始めますね。

私は、前の会社でゴルフ三昧でした。

3ヵ月に1回、社内のゴルフコンペがあったので、入社してすぐに始めたわけですね。

最初は社内の人のクラブを1式もらってやっていたんですが、そのうち自分の新品のクラブが欲しくなりました。

私の父もゴルフが好きだったので、テーラーメイドのロケットブレイズの1式を買ってくれて、がぜんやる気MAXになりました。

 

初めてコースに出た時は、打ちっぱなしに1回行ってからだったんですが、スコアは189でした(笑)

酷いですね、ひたすらカートに乗らずに、7番アイアンとPWとSWを持って走っていましたねー。。。

 

そして悔しくて、またまた打ちっぱなしにいきまくります。

打ちっぱなしにいっていると、どんどんまともに打てるようになっていきます。

ドライバーでも220yぐらいは飛んでたし、7番アイアンでも130yぐらい飛ぶようになっていました。

SWでも近くであれば、狙ったところに落とせるようになっていたし、これは・・・・!!!

 

そんな自信を持って、いざ2回目のコースです。

結果は残念、スコアは160ぐらいでした。

殆ど上手くなっていないわけです。

ドライバーでもOBだしまくり、池超え失敗、パターはいったりきたり(笑)

 

あれ?打ちっぱなしではいい感じだったのに、、、練習量が足りないだけかな?

そんな思いで、それから毎週土日の朝は、びっちり打ちっぱなしで練習していました。

むきになって、1回の打ちっぱなしで400球とか打ってましたからね(笑)

今思うと、ただのお金の無駄遣いだったなと思います、100球を真面目に打っていたほうがよっぽどマシでした。

 

そして3回目のコースです。

結果は150ぐらいでした。

 

センスがないんでしょうね。

自分には球を打つスポーツは向いていない。

そう思いました。

 

そして色々と何でこんなにスコアが悪くなるんだ?

ドライバーも使わずにウッドを使っていたのに。。。なんて思いました。

 

でも違ったんです。

私は運動神経はないけれど、調整能力が高いんです。

だからこそ、練習の時はいい感じで打てたんだと思います。

 

打ちっぱなしって、いつも球が同じコンディションで打てるのです。

また、1回目が悪ければ、2回目にはこうしようって、すぐに微調整できるわけです。

だからこそ、打てばうつほど、上手になっていたように錯覚していたんですね。

 

逆にコースでは、同じコンディションで打てるのは、ドライバーだけです。

ピンなしだと、もろに状態が毎度違うので、フォームとか、立ち位置とか、しっかりと1回ずつ真剣にやらないと、上手くいきません。

 

力だけで打ちっぱなしにいっていた私は、適当なりにも、無意識に微調整していたみたいです。

だからこそ練習では打てて、本番では打てなかったんです。

 

ここまで書いたことが、今までです。

これから先は、打ちっぱなしはほどほどにして、本番をひたすら積み重ねようと思います。

もちろん1回打つごとに、しっかり構えて、真剣にやりますよー!!

ピーピングアイズ 評判

与えて欲しければ、先に与えなさいっていう話 – キリスト教の教え?

与えなさい、されば与えられる。

こんな話を聞いた事があります。

あえて調べませんが、恐らく正解だと思います。

 

見返りを求めないことが無垢の愛だとか色々言いますが、見返りがしっかりと返ってきて欲しいことってありますよね。

 

例えば大好きな人と仲良くなりたいとか。

子供に勉強を頑張って欲しいとか。

仕事で成功したいとか。

価値のある情報が欲しいとか。

 

好きな人の気を惹きたい場合って、見返りがどうとか、求めている場合じゃないんです。

取りあえず行動しなければ接点もないし、自分を知ってもらう機会もないんです。

だから、キツイ事を言うと、喋りかけるのが怖いとか、そういうことを考えている場合じゃないんです。

仲良くなりたいなら、与えられるのを待つよりも、相手からのコミュニケーションを待つよりも、こちらから仕掛けることが大切なんです。

言い換えると、こちらから与えることが大切なわけですね。

 

また子供に勉強してもらいたいって思っていても、結局はこちらから与えたほうがいい事が多いです。

例えば親から子供のために色々と努力して、子供が喜ぶように頑張っていれば、子供のほうは親の言う事を聞いてあげないとって思います。

いつもしてくれるから、勉強は嫌だけど親の頼みも聞かなきゃいけないなーって。

勉強しなさい!って言いまくっていたらダメですけどね(笑)

それなら、勉強して欲しいなー、勉強一緒にやろうゼ!のほうが良いですよね、やる気上がります、前向きですし。

 

後は割愛しますが、仕事でも、その他のことでも同じと思います。

誰かに何かを与えることによって、自分に返ってくるわけです。

 

もちろん、相手から先に与えられることもありますし、無条件で沢山与えてもらえることもあります。

でも単純に考えれば、自分から与えるか、相手から与えられるかの2つしかないので、確率で言ったら50%ですよね。

 

あなたが誰かに勉強を教えてもらいたかったら、何かを先に与えてください。

お礼に〇〇をあげるからーとか、〇〇を一緒にするからーとか。

褒めるのもいいですよね、楽しくされるのもいいです。

悲しい実体験を話をして、感動と同情を与えるのもアリだと思います。

 

会社の社長にゴルフを教わりたい時も同じです。

相手を褒めまくって、持ち上げまくれば、教えてくれるはずです。

相手に嬉しくなるような言葉を与えているんですから(笑)

さらに、部下からがっつり接してくれるという行為自体が、社長からは凄く嬉しいことであれば、お礼に昇進というプレゼントを与えてもらえるかもしれません(笑)

 

実際の現実って、こんなものだと思います。

ほんとに。

 

賢いとか、かっこいいとか、綺麗とか、巨乳とか、お金持ちとか。

色々魅力はありますけれど、先にめちゃくちゃ与えるというのも、かなり大きな魅力になると思います。

 

あなたが与え上手なら、与えられることも増えるかもしれませんね!

お金を使わなくてはいけないものを与えすぎてしまうと破産しますが、気持ちとか言葉なら、プライスレスです。

 

そう思うと、夜のお店のNo1嬢とかからも、学ぶことが多そうですね!!

ピーピングアイズ 評判